Websites are now required by law to gain your consent before applying cookies. We use cookies to improve your browsing experience. Parts of the website may not work as expected without them. By closing or ignoring this message, you are consenting to our use of cookies. Read Our Cookie Policy

Close
Ovum » Media Centre

PR Contacts

  • Jennifer Duraisingam
  • Global PR Manager
  • Tel. +613 9601 6723
  • Email Jennifer
  • Alica Brlajova
  • Global PR and Marketing
  • Tel. +44 (0) 20 7017 4994
  • Email Alica

Press Releases

オーバム社予測発表 100 USドル未満のスマートフォンが2020年には携帯電話販売台数の40%に。

Press Release

テレコム業界を調査する独立系アナリスト企業のオーバム社が発表した新しい予測レポート*によると、携帯電話の総販売台数は2014年から2020年の間に18.8億台から21.6億台へ増加する見通し.これは年平均成長率(CAGR)2.4%の増加である. 世界の携帯電話販売台数のうちスマートフォンの占める割合は2014年には65%だったが、2020年には95%となり、2020年には初めて20億台を超すものと見られる。アンドロイドとiOSの携帯が引き続き市場の優位を占め、2020年のスマートフォン台数の市場占有率はアンドロイド80%、iOS 14%で、これは2014年とほぼ同じである. 残る市場はほとんどマイクロソフトのウィンドウズフォンOSが握り、2020年には占有率4.2%、販売台数にして8,600万台となるだろう. 今後6年間の成長ではアフリカ・中東とラテンアメリカの大きな伸びが目立ち、年平均成長率(CAGR)はそれぞれ17%と11%になると見込まれる. これら地域合計の販売台数は2014年に2億5,400万台であったのが2020年には5億7,600万台に達するだろう. またアジア太平洋地域では、中国市場は飽和状態に近づき今後6年間のCAGRは4.1%に留まると見られるのに対し、インドでは19.7%、インドネシアでは16.3%となろう。北アメリカや西ヨーロッパでは伸び悩み、今後6年間のCAGRは2%に過ぎないだろう. オーバムのコンシューマーテクノロジー・プラクティス主任アナリストであるロナン・ドルネースは「スマートフォンはデジタル改革への道を先導しており、このため多くの市場においてまだこれから非常に大きな機会を広げる鍵となるだろう. 2020年に販売される携帯電話のほとんどがスマートフォンになることで、今後5年間世界中で社会経済的に大きな成果が上がるだろう。」とコメントしている。 スマートフォン市場の成長のほとんどは、発展途上国と先進国のどちらも100ドル未満の携帯の売上げによるものだ。この価格帯は世界のスマートフォンの総販売台数のうち2014年には13%だったが、2020年には40%以上になると見られる。オーバムが行なった世界的な携帯電話価格の調査では価格が急激に下降していることが示され、プリペイとSIMフリーのスマホ(これで世界中すべての事業者が提供するスマホの56%を占める)の価格中間値は2013年4Qと2014年4Qの間に360USドルから258USドルへと28%低下した。これはいずれかのセグメントにおいて価格が下がったというよりも、低価格帯のスマホモデルに移行する構造的変化が低下の大きな要因である。この調査では40社以上の製造会社について調査を行なったが、低価格帯スマホのセグメントが最も多様であるとともに競争も一番激しくなっている。 図表:2013年-2020年 OSセグメント別 携帯電話販売台数予測     資料:2013年-2020年 オーバムによる携帯電話インタラクティブ予測ツール 「携帯電話のバリューチェーンの全体の流れが、許容できるレベルの品質でより安いスマートフォンの生産・流通へと後ろ向きになっている。携帯事業者にとっても、またフェイスブックやグーグルなどのデジタルサービスプロバイダにとっても、フィーチャーフォンユーザーをスマートフォンに移行させることの利点は大きく、戦略的に必須といえるまでになっている。」とドルネースは結論している。  -以上-  編集者の方へ *Mobile Handsets Interactive Forecast Tool: 2013-20(2013年-2020年 携帯電話インタラクティブ予測ツール) 携帯電話インタラクティブ予測ツールでは、オーバムによる携帯電話販売台数の大規模な予測を簡単に操作することができます。特に、台数予測についてクエリー問合せ、クロス表作成、いくつかの異なったセグメントや市場に分けての作表が可能です。使用されているメトリクスのうち主なものは、地域別、ネットワークテクノロジー別、プロダクトセグメント別(スマホとスマホ以外)、価格帯別、OSシステム別に分けた販売台数です。 Ronan de Renesse へのインタビューをご希望、またはこのリリースに関してさらに詳しい情報をお求めの場合には、オーバムプレスオフィスのJennifer Duraisingam まで、電話+613 9601 6723 またはメールpr@ovum.com にご連絡ください。 オーバムについて オーバムは、グローバルなテクノロジーリサーチとアドバイスを行なう世界有数の会社です。世界中に180名のアナリストを有し、エキスパートによる分析や戦略的インサイトを、IT、テレコム、メディア業界に提供しています。1985年に創立されたオーバムは、この業界において最も経験豊かなアナリスト・チームを持ち、総合的で正確、かつインサイトに富んだ市場データや、調査、またコンサルティングを求めているテクノロジービジネスのリーダー、CIO、ベンダー、サービス提供者、さらに規制担当機関にも尊重されるガイダンスの供給源となっています。世界六つの大陸に23の拠点を持つオーバムは、テクノロジーやメディアの市場について真にグローバルな視野をオファーし、ワークフロー・ツール、予測、調査、市場アセスメント、テクノロジー監査、評価を含むインサイトを、数千に及ぶクライアントに提供しています。2012年には、オーバムはIIAR (the Institute of Industry Analyst Relations) より、グローバルアナリスト企業大賞をジョイントで受賞しました。 さらに、オーバムは毎年ヨーロッパにおいて、オーバムライブのイベント・ブランドで多数のテクノロジー会議を開催し、よりインターアクティブな方法でアナリストから学べる場を設けています。オーバムの最大イベントである「オーバム・インダストリー会議」には、毎年300名以上のエンドユーザーの参加を得ています。 オーバムは、ロンドンに本拠を持つ世界で有数のビジネス書・学術書出版、イベントオーガナイザーであるインフォーマ(株)の一部門です。インフォーマはロンドン証券取引所に上場されています。  

Analyst View: Google’s rebranding as Alphabet spells a tighter focus for core businesses

Breaking News Comment

Google is restructuring itself, with new parent company Alphabet created to oversee the Internet giant’s range of activities. The core Internet, search, and Android businesses will continue to operate under the Google name, managed by Sundar Pichai, who had previously managed a range of products including the Chrome browser and Android operating system. Google’s Capital […]

Ovum states from Gamekeeper to Poacher: TV Advertising’s Digital Opportunity

Press Release

TV Advertising Poised to Surge Past US$200bn Buying Time to Evolve and Challenge Digital Specialists Despite concerns over the longer term viability of TV advertising, Ovum’s latest forecast* shows that, on a global basis, revenue growth is expected to continue through to 2020. The US$174 billion generated by TV advertising in 2014 is expected to […]

Telcos must turn big data into smart data to manage customer churn and loyalty

Press Release

Utilizing big data analytics to personalize the customer experience will be crucial for telcos to manage customer churn and improve loyalty, says Ovum. It takes on average, at least 3.5 years for telcos to break even on SAC (subscriber acquisition cost), however the average customer lifetime for telcos is currently only 2 years. To offset […]

Ovum: Asian mobile services will need telco – OTT collaboration to grow

Press Release

At the Mobile World Congress Asia edition in Shanghai in July, Chairman of China Mobile, Xi Guohua, took a bold stand by stating that in order to capture the next wave of the mobile Internet, mobile operators and OTT players must work together. The view that partnering with OTT players will further the range of […]